SNS上の被加害者の増減とリスク管理の重要性

SNS利用者は加害者にも被害者になり得るリスクを背負ってSNSを利用していますが、多くの場合そのリスクは、軽視されがちです。 SNS利用における加害行為やSNS加害者の定義について知ることで、知らないうちにSNS加害者になることを避けるための一助として頂ければ幸いです。

加害者にならないためのSNS利用

現代社会における主要なコミュニケーションツールであるSNSですが、犯罪を含めたSNS被害者は年々増加傾向にあります。
これは単純に情報端末の普及率の上昇及び情報端末所持者の低年齢化のみに起因しているわけではなく、利用者のモラルの低下やサイバー犯罪の激化などの要因も絡み合った複雑な問題で、サイバー犯罪被害以外の誹謗中傷や情報漏洩トラブル、ネットストーキングなどの被加害者も増加しており、情報端末の普及によるSNS利用者の増加は、情報コミュニケーションネットワークの発達に貢献する一方で、新たな犯罪の温床にもなってしまっています。

基本的に情報端末特有のリスクは避けようが無く、セキュリティ対策無しにSNSを利用するのはハイリスクな行為に他なりませんし、最低限のモラルが無ければ、SNS上でのトラブルも誘引しかねません。
情報端末の普及率が高いからこそ、SNSの利便性が高いからこそ、ウィルス感染やアカウントの乗っ取り、成りすましなどのサイバー攻撃に対する利用する側のセキュリティ対策は必須であり、直接間接に関わらず被加害者になる要因は可能な限り回避するための努力を怠ってはならないのです。

SNSを利用したいのであれば、SNS利用には相応のリスクが伴うのが当然であることを認識しておかなければならず、諍いを避けるためにSNS利用に際しての最低限のモラルを持ち、個人情報を守るためのセキュリティ対策を行うことが必要となるでしょう。

被害を避けるためのSNSリスク管理

サイバー犯罪被害以外のSNS被害に興味がある方を対象に、サイバー犯罪を以外の側面からSNS被害をまとめるために、SNS上でのトラブル原因やSNS被害者となった際のデメリットなどを例示すると共に、SNSトラブルを避けることでSNS被害者となることを避けるための情報を集めました。

貴方を被害者にも加害者にもする可能性があるウィルス感染

ウィルス感染による直接的SNS被害者および間接的SNS加害者の差を明確化することで、SNS利用におけるセキュリティ対策の重要性をまとめると共に、SNSにおいても有効なセキュリティ対策についてまとめることで、ウィルス感染のリスクに対する知識や二次感染を介してSNS加害者になるリスクを提示しています。